東京を卒業できないでいるブログです。

東京留年中

資産形成

高配当株を買い集めたい

更新日:

ローンはあるものの現金資産もできてきたので、
株式投資を増やしたいと考えている。
私の資産は積立投資や貯蓄型保険等を除けば、
現金比率が95%を超えており、株は勉強程度にしかやっていない。
しかし、目標としていた貯金額が溜まりつつあることもあり、
そろそろ株式の比率を高めても良いかなと思っている。

ちなみにそう思ったのは初めてではなく、
3年ほど前にも株式投資の本とかをいろいろ読んだ結果、
インデックス投資に興味を持って、idecoや積立投資などを始めるに至った。
ちなみにインデックス投資の教科書的な本では、
必ずと言っていいほど毎月分配型の投信が酷評されている。
再投資した方がはるかに効率的だからという理由だからだと思うが、
こういうことを言う人は毎月分配型の商品を買う人の気持ちを
何も理解していないと思うのだが、いかがだろうか?
こういう人の課題に答えずに効率だけを論じるのは何だか意味がないような…

というわけで、今の私もそうなのだが毎月分売型を求める人の気持ちは、
将来的に資産を大きくしたいわけではなくて、
生活費になる不労所得を作りたいのだと思うのだ。
つまり、資産は増えなくて良いから、現状維持のまま固定収入が欲しいのだと思う。
まさに良く言われる「お金に働いて」欲しいのだと思う。

ただ、こう考えていくと積立投資やインデックス投資が最適解なのかは微妙だ。
だから私も何となく積立はしつつ、現金も増やしつつ次の戦略を考えていた。
(既述のように一応積立は積立でやっていることもあるので。)
結論としてはインカムゲイン、つまり配当金を狙って個別株の保有を
拡大していくことが、最も妥当な方法と判断した。

いま僅かながら保有している株でも試算価値は目減りしているが、
安定的に配当を出してくれる銘柄はトータルでは得している。
そこで高配当株を狙って個別株を増やしていくのが今の考えだ、超王道だ。
目標となる貯金額を超えたら高配当株の買い増しを行っていきたいと考えている。

ちなみにその際には「ダウの犬」戦略を参考にしたいと思っている。
これはダウ工業株30種平均への構成銘柄のうち、
配当利回りの上位10社の株を購入し、保有し続けるというシンプルな方法で、
年に1度、構成銘柄の入替に合わせて保有銘柄も入れ替える。
これを日本株にも応用したような方法で購入銘柄を選定していきたいと考えている。
(いきなり大量の銘柄を買うのは無理なので優先付けして買っていくことになると思うが…)

現状の目標は年に12万円(1万円/月)の配当金収入で、
利回りが4%くらいであれば300万円くらいで達成できるはずなので、
何とかこの水準に達せればと思っている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村

-資産形成

Copyright© 東京留年中 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.