東京を卒業できないでいるブログです。

東京留年中

資産形成

中途半端なマイレージ

投稿日:

年度末は各種ポイントが有効期限を迎える時期なので注意が必要だ。
先日は危うくメトロポイントが失効するところだったので、
楽天ポイントに1,500ポイント交換した。
これでおそらく今月の携帯代金くらいは賄えそうだ。

他にも期限切れのポイントはないかと考えていたら、
JALのマイルが2,000マイルほど3月末で有効期限を迎えることに気付いた。
最近は飛行機に乗ることもめっぽう減ったから気付かなかったが、
危うく丸々損するところだったので、助かった。
そこでさっさと交換してしまおうと思ったのだが、良い品がなくて困った

こうしたポイントは基本的に他のポイントへの交換一択だが、
10,000マイル以下の場合には交換比率が半減するポイントしかないのだ。
具体的にはJALの場合、amazon、pontaくらいしか使える交換先がないのだが、
amazonのポイントは10,000マイルからしか交換できないほか、
Pontaは3,000マイルから交換できるものの3,000マイルだと1,500ポイントと、
交換レートが等価ではなく半分になってしまう。
10,000マイルなら10,000ポイントと等価で交換できるのだが…

前に見た時は9,000マイル以下でも未来屋書店のポイントとか、
用途が限定されるポイントなら等価交換が可能だったのだが、
今は少量のマイルの交換だと等価交換できるのはないようだ。
(ディノスとかのオンラインクーポンなら等価みたいだが…)

ただ、そんなこと言っていても無駄に期限が切れるだけではしょうがないので、
今回は泣く泣く4,000マイルを2,000Pontaポイントと交換することにした。
有効期限が切れるのは2,000マイルだけだが、このコロナ禍では、
次にいつ飛行機に乗れるか分からないし、残ったマイルも交換してしまった。
何となくすごく損した気分なのだが、まあ存在すら忘れていたマイルだし、
オムツ1.5パック分くらいにはなったので良しとしよう
Pontaだとローソンかライフくらいしか使えないけどオムツ買えるかな。。。

ちなみにPontaはweb会員登録だけしていたのだが、カードがなかった。
そのため、今後使うためにはアプリとかインストールしなければいけないのかな、
と思ってポイント交換作業を進めていたら、
何かカードが郵送されてくる手筈になってしまった
ポイントカードをわざわざ郵送してくるなんて何かアナログだな。。。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村

-資産形成

Copyright© 東京留年中 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.