東京を卒業できないでいるブログです。

東京留年中

生き方・考え方

人生で大事なものは何だ?

更新日:

共働きで子供2人がしんどいことは前にも整理した通りだが、
また一人、この困難さに打ち破れた話を聞いてしまった。
福岡出身の友人が2人目の出産以来、育休を延長していたのだが、
会社に復帰して3か月で退職して、実家の近くに転職するとのこと。
数少ない支援なしに子ども2人を育てている夫婦で、復帰後の去就に注目していたのだが、
やはりなかなか2人育てながら働き続けることは難しいようだ。
この友人の場合には調度良く地元で良い仕事が見つかったこと、
旦那さんもIT系なのでテレワークで仕事を変えずに移住が出来たことが奏功したようだ。

また、うちに2人目ができたとの噂を聞いて連絡をくれた友人がいたのだが、
その家もいま2人目を検討中なのだが、できた場合にどう育てたら良いのか分からず、
どういう風に育てていく予定なのか聞きたいとの話だった。
解決策があればこっちが聞きたいが、まずはコロナが落ち着いたら一杯飲むことにした。
いかんせん、私の知人で専業主婦の家はほとんどないため、
みんな2人目をどうするか問題には悩んでいることが分かってきた。
この辺は、自分も2人目ができて初めて気づけたことでもある。

正直なところ、解決策など何もないんだろうと思うので、
みんな何とか工夫して切り抜けているというのが事実なのだろうが、
やっぱり時間の使い方という選択は迫られると思う。
親世代のように男は子育てにはあまり関与せず、仕事に時間を振るのも一つだろうし、
育児に時間を振る代わりに仕事はこれまでより関与を低めるというのもありだろう。

基本的に私はやりたいことは全部やれば良いという考え方の持ち主だが、
時間がすべての人に平等である限り、その配分は選択しなければならない
たまに家事や仕事を効率化すれば両立は可能という人もいるが、
その人は本人がそれを実現できていると勘違いしているだけであって、
多分配偶者か仕事の部下のどちらかが負担を押し付けられて泣きを見ていると思う。

そうなると結局人生で何を大切にしているかという問題になる。
うーん、それは大抵の人は家族というのだろうけど、
その度合いとか仕事への責任感の強さとか、仕事への向き合い方で結構変わるよなぁ。。。
自分はこのバランスをどう考えていくのかをもう少し具体化する必要があるかもしれない。
仕事を必要悪にしたくはないけど、仕事だけが生きがいというのも少し困る。
楽しいけどほどほどなのが良いけど、楽しければ打ち込んでしまうのが普通だよなぁ。
存外難しい問題だと思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村

-生き方・考え方

Copyright© 東京留年中 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.