東京を卒業できないでいるブログです。

東京留年中

ランニング

初めてのランニングシューズ

更新日:

<ニューシューズ(左)と旧シューズ(右)>

 

みなさんはランニングシューズを持っているだろうか?私は実はランニングを始めて1年程度は、ABCマートで3,000円くらいで買ったナイキのスニーカー「DOWN SHIFTER 6(写真右)」で走っていた。とりあえず家の周りを走るために買ったものだ。しかし、さすがにソールも減り、破れや痛みも目立つようになったほか、膝痛や首痛が時々出ることもあり、クッション性のあるちゃんとしたランニングシューズの必要性を感じてきたので、その購入を決意した。1年ランニングが継続できたので、そろそろシューズ代くらい投資しても回収できるだろうと考えたのも理由だ。

ランニングシューズについては、まったく知識がなかったので、とりあえずアシックスに行って購入することにした。私は足の形が異様に甲高・幅広なので、日本人の足にあったメーカーの方が安心だと思ったからだ。とりあえず1足購入して走ってみて、ランニングシューズの効果を実感してから、今後は別のメーカーなども検討していければ良いと思っている。何にせよ、ランニング初心者のみなさんは常に感じていることだと思うが、いつまで続けられるかも分からないし・・・

 

アシックス店舗にて

私はランニング初心者でシューズの知識もないので、購入時の店員さんとの会話をそのまま書いた方が伝わると思う。以下がその時の会話なので、初めてランニングシューズを買う人は参考にして頂きたい。なお、このとき検討候補に挙がったのは初心者用として知られるアシックスの『NEW YORK』、『GEL-NIMBUS』、『GEL-KAYANO』の3足だ。

私「ランニングシューズが欲しいんですけど、どれ買えば良いですか?」
店「うーん、そうですねぇ(苦笑)。とりあえず普段どれくらい走りますか?」
私「だいたい月に100kmくらいっすね。」
店「週に23回走るって感じですかね。走る場所はアスファルトですか?」
私「そうですね、週に
23回、78kmくらい。走るのは道路です。」

シューズ買うときは、走る頻度と用途を伝えた方が良いみたい(小声)。。

店「分かりました。まずシューズによって何が変わるかというと、中間ソールのクッション性です。このGEL(ゲル)の部分ですね。例えばこの『NEW YORK』はGELが少ないので硬めです。ソールが硬いということは反発力が大きいので、スピードが出やすいのがメリットです。」
私「なるほど、確かにこれは他と比べて見た目にもGELが少ないですね。」
店「次にこの『
GEL-NIMBUS』を見てください、GELが多いですよね。これは『NEW YORK』と対照的に柔らかいのが特徴です。」
私「硬いほうがスピード出るから良いんじゃないんですか?」
店「柔らかいほうが足への負担が減ります。言葉は悪いですが、ダラダラ長く走るのに向いていると言えます。また、ソールが硬いと、反発に耐えうるだけの筋力も必要です。お客さんなら『
NEW YORK』であれば問題ないと思います。」
私「ほうほう、バランスの問題なんですね。」
店「そして、この『GEL-KAYANO』は両者の中間的な位置づけです。特徴がないのが最大の特徴と言えるかもしれません。」
私「なら私みたいな初心者はまずこれを買って、今後判断していくのが良さそうですね。」
店「そうですね。ただ『
NEW YORK』くらいなら問題ないと思いますよ。競技用とかになれば、もっと硬いのはいくらでもあるので。この3足が1足目としておすすめしている代表的なものです。」

凄く分かりやすい説明だったので、早速試着へ。

私「僕、足が異様に甲高・幅広なんですが、その辺も問題ないですかね?とりあえず『GEL-KAYANOと『NEW YORKを履いてみてもよいですか?」
私「(『
GEL-KAYANOを履く)おー、ピッタリですね!軽い、そしてクッションが良い感じ!」
店「うーん、ちょっと余りが少ないですね。甲高なのは良いとしても、幅広で横に小指が出すぎてしまってますね。
一度こちらの『NEW YORKも履いてみて下さい。」
私「(『
NEW YORKを履く)これ凄い幅広ですね(スーパーワイドってタグがある)。なんだか足先が余りすぎてる気がするんですが・・・」
店「やっぱりこっちが良いですね。足先はそれくらいで大丈夫です。お客さんは甲高・幅広のほかに、足指の可動域が広いです。なので、自由に動かせる余裕があった方が、踏ん張りが効くと思います。」
私「なるほど。分かりました、こっち(
NEW YORK)を買います。」

こんな感じでアシックス「GT-2000 NEW YORK 6(写真左)」を購入した。初心者の自分の感覚は信じず、店員さんのアドバイスに従うことにした。ちなみに後で調べたら、アシックスは靴型にもサイズがあるみたいで、NEW YORKを勧められたのはスーパーワイドの在庫があったということも関係しているかもしれない。

 

 シューズの効果は?

現在も私はこのシューズを使用しており、購入から2ヶ月程度が経過している。実際にシューズの効果はというと、まず履き心地はそれまでの廉価シューズに比べて断然に良い。作りがしっかりしている感じで、足へのフィット感が全然違う。また、店員さんの言うように足先は余裕があっても全然違和感がなく、むしろ自由に動かせることで締め付け感がなくて良い感じだ。

走り心地としては、硬めのソールとはいえ、これまでに比べればクッション性があるため、膝への負担は確実に減った。実際にこのシューズに変えてから、長い距離を走っても膝や肩の痛みが気にならなくなった。また、下り坂などでは反発があって楽に走れる感じもする。総じて、これでタイムがすぐに上がるような変化ではないが、負担が軽くなるのを感じたほか、より長距離ランニングへと進むのに必須アイテムだったように思う。

ちなみに、購入価格は約9,000。廉価シューズと比べれば高いが、普通の街用のスニーカーよりは安いくらいだ。実際に私はランニング当初に肩の痛みが酷くて整形外科なども受診していたので、こういう医療費がなくなっていたらと考えると、決して高くない。また、せっかくランニングを始めても安いシューズが原因で怪我をして、そのまま辞めてしまうのももったいない。巷でも怪我防止のためにシューズは買っとけ的なことを言われるが、正論かもしれない。決して「最初は安いシューズで問題ないよ」とは言いにくいことだけ、お伝えしておきたい

-ランニング

Copyright© 東京留年中 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.