東京を卒業できないでいるブログです。

東京留年中

生き方・考え方

週休3日への期待

更新日:

今週個人的に衝撃的なニュースがあった。
なんとみずほ銀行が週休3日制を導入するらしい。
さらに、3日どころか4日も選べるとは大変驚いた
グループ6社で今年の12月から導入開始というから現実的で衝撃的だ。

そして個人的に衝撃が大きかった理由は、
実はこの6社のうちに私の仕事の競合他社もいるため、
自分の会社でも後追いされる可能性がかなり高いと考えたからだ。
これははっきり言ってとっても嬉しい制度で、導入されたら是非利用したい
私が従前から主張している年収目標は下げるべきという主張に合致した施策だ。

ところが闇の勢力がこれは実質的なリストラではないか?とか、
給料が減るのでは意味がないのではないか?とかくだらないことを言っている。
実際にみずほは週休3日なら基本給の80%、4日なら60%に基本給が減るという。
但し、希望者だけなんだからそう思うなら利用しなければ良いだけの話だし、
このご時世に最後の最後まで会社に尻拭いをしてもらいたいという気持ちが見え見えだ。
もしこうした制度が失敗するとしたら、こういう人間が週休2日で会社に居座り、
優秀な人間は週休4日にしてどんどん自分の力で稼いでいく場合だろう。
会社としてはそんなしょうもない人間に相対的に高い給料を支払うことになるのだから、
制度として破たんしてしまうかもしれない。

みずほとしては当然人件費削減の意味もあるだろう。
銀行なんてIT化のあおりを受けて人員削減が続いているのだから、
万人単位で従業員を削減したいレベルだろう。
そうした状況下でもなるべくリストラせずに就業時間を減らそうというのだから、
今後他業界でも起こりうるIT化やAIの普及によるワークシェアリングそのものだ。
むしろみずほとしては出来るだけリストラしないような施策なのではないだろうか?
でも、そんな会社側の事情なんてどうでもよいではないか。

私だったら週休3日にして1日は自分の仕事に充てる
実は時間があればすぐにでも取り掛かりたい副業がある。
でも週に1日も必要ないだろうから、半日は畑、半日は副業にしたい。
まさに私が理想とする収入源増加によるリスクヘッジが実現する。
給料が20%減るぐらいなら全然問題ない。
というか、みずほの人も同じだろうがある程度余裕のある給料をもらってるだろうから、
20%減くらいは大した影響はないのではないだろうか。

とにかく大手銀行がこういう動きを始めたことは大きい。
社会全体でもっともっと進んでいってほしい流れだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村

-生き方・考え方

Copyright© 東京留年中 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.