東京を卒業できないでいるブログです。

東京留年中

https://keijiru.com

生き方・考え方

コロナが気付かせてくれたこと

投稿日:

ステイホームが継続している。会社は今でも原則在宅勤務が続いている。
仕事でもコロナの影響とかアフターコロナの世界とかを考えたりしている。
コロナが医療とか行政とか製造業とか消費者とかいろんなものにいろんな影響を与えている。
一転、、、自分に目を向けた時、コロナによる影響は何が一番大きいだろうと考えた。

在宅勤務で通勤時間がなくなったことは凄く大きい
なかなか外出したり友人と飲んだりすることができないことも大きい。
反面消費が激減しており、これまで自分がいかに無駄遣いしていたかも気付かされた。
まあでも一番大きかったのは家にいるのが苦痛ではないと気づいたことだ。

我が家は共働きで、ワーキングプア並みの労働環境の時に結婚したので、
とにかくお互い帰りは23時以降、給料は激安という感じだった。
そのまま、給料は増えても労働環境は変わらず、子どもが生まれるに至った。
こうした中でコロナでお互いステイホームとなると、
結婚以来どころか出会って以来かつてないほど家族と一緒にいるのだ。
いわゆるコロナ離婚とかDVとか問題になってたやつだと思う。熟年離婚とかもきっと同じ構図だ。

一方、我が家は子どもの存在もあって仲良く楽しく過ごしている。
簡単にいうと、全然家族だけでも生きていけるじゃないかと思った
もちろん、実際には家族だけで生きていけるわけはないが、
要するに、ぽつんと一軒家みたいな環境でも楽しく生きていけるのではないかと感じた。

在宅勤務だから住む場所にこだわる必要がないとかそういう理由とは全く別の観点で、
田舎にも住めそうだなぁと何となく感じたのが、今のところ最も大きなコロナの影響だったように思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村

-生き方・考え方

Copyright© 東京留年中 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.