東京を卒業できないでいるブログです。

東京留年中

ランニング

3万円以下でGPSウォッチを買おう!

更新日:

 

GPSウォッチは是非買おう!

私がGPSウォッチを買ったのは、ランニングを開始してから12ヶ月くらい経ったころ。買って初めて使ったときの感想は、「こんな素晴らしいものを何故これまで買ってなかったんだ!」って感じだ。とにかくランニングにめりはりが出て、ランニングの楽しさが増していくので、資金に余裕がある人はなるべく早く買うことをおススメする

一方で、少しネットで調べてみれば分かるが、GPSウォッチは高い。資金に余裕があればっていうけど、そんなにいつまで続くか分からないランニングに投資できないという気持ちは重々分かる。私もそう思ってずっと購入しなかったのだ。そこで出来るだけ安く買えるけど、安物買いの銭失いにはならない3万円というレベルで私が検討したモデルを紹介したい。

 

そもそもGPSウォッチの何が素晴らしいの?

私がこんなにGPSウォッチをべた褒めする理由は以下の機能にある。一つずつその魅力を伝えていこう。

・ 走った距離とタイムが分かる
・ 走ったルートが分かる
・ 毎日のランニングが記録できる

まずは走った距離とタイムが分かる点だ。さすがにタイムが分からないと張り合いがないので、実は私はランニングを始めて半年くらいでGPS機能のないSOMAのランニングウォッチを購入した。但し、学生が同じトラックを走ったりする分にはこれで問題ないのだが、道路を中心に走る場合は全く同じコースを走らない限り比較ができないのだ。また、ラップやそもそも自分が何km走っているかも正確に分からないので、何のためにタイムを測っているか分からなくなり、1ヶ月くらいで使用を止めてしまった。そのため、道路を中心に走る人は、GPS機能のない時計を買うのはまったくお勧めしないGPS無しでも1万円を超える時計はいっぱいあるので注意してもらいたい。

一方、GPSウォッチでは1kmごとにタイムを教えてくれるほか、今何km走っていて、タイムやラップがどれくらいかがすぐに分かる5kmごとのラップや、10kmごとのラップも記録してくれるので練習に張り合いが出るのだ。そして何よりも自分が何km走ったか大まかにしか分からなかったのが、正確に分かるのも嬉しい。

2つ目が走ったルートが分かる点だ。毎日走ったルートが地図上に記録される。「今日はどこのルートを走ろうかな」って感じで毎日の記録を見ると楽しくなるし、行ったことのないルートを潰していくような楽しみもある。ちなみに、高度表示もあるので、ルートの高度差も明確に分かる。これによってルートによるタイム差なんかも見えてくるので楽しい。

最後は毎日のランニングが記録できることだ。私はいちいちエクセルに記入していたりしたのだが、ルートやラップとともに記録され、携帯やパソコンに同期できる。いつでも携帯で最近のランニング記録を見られるし、暇なときに自分の記録の推移が見られるのが楽しい。帰り道で前日の記録を確認しながら、今日はこれくらいのペースで走ってみるかとか、ちょっとストライドを長くしてみるかとかいろんなことを考えられる。

但し、こうした機能は結構携帯のアプリでも代用できる点は知っておいた方が良いGPSの精度などは落ちるが、携帯を持ってランニングすれば、ナイキのアプリなどでもルートや距離などは記録してくれる。実際に、私の知人ではGPSウォッチを使用していたが、どうせ毎回携帯は持って走るので、アプリで代用してしまったという人もいる。アプリは無料で試せるので、GPSウォッチの購入前に使ってみるのも良いかもしれない。ちなみに、私はトレイルランを見据えていたことや、GPSの精度を重視していたことからGPSウォッチの購入を選んだ。

 

おススメの3万円以下のGPSウォッチはこれだ!

GPSウォッチのメーカーは主に3つ、GARMIN(ガーミン)SUUNTO(スント)EPSON(エプソン)だ。正確にはもう少しあるが、正直この3社以外を買う人は少ないと思う。今後勢力を強めるメーカーもあるかもしれないが、この3つを抑えておけば今は大丈夫だと思う。

GARMIN

①「GARMIN ForeAthlete 230J」 定価:18,334円(税抜)
②「
GARMIN ForeAthlete 235J」 定価:31,297円(税抜)※少し超過だが実売価格を考慮
③「
GARMIN ForeAthlete 35J」 定価:22,963円(税抜)

GARMIN3万円以下で買えるのおススメ機種は3つだ。一つ目が「GARMIN ForeAthlete 230J」で、定価18,334何を隠そう私が使っているのはこれだ!おそらくGPSウォッチの中でトップクラスに安価にも関わらず、ほとんどの基本機能を備えている。初心者はこれで不足することはないだろうGARMINのアプリ、「GARMINコネクト」にももちろん対応しているので、今後GARMINを使い続けていくきっかけにもなる。GPSウォッチではトップメーカーであるGARMINなので、アフターフォローなどにも安心感がある。

一方、230jには心拍計が付いていない。別売りのバンドを身体に装着すれば計測可能だが、光学センサーではないので邪魔臭い。これを解決するのが「GARMIN ForeAthlete 235J」だ。心拍は自分への身体の負荷を測るのにピッタリなので、実を言うと私は235jが欲しかった。ただこのモデル、定価が31,297円なのだ。実売では3万円を切ることもあるので一応対象に入れるが、心拍機能が付いている以外はまったく同じなのに、1万円以上の差がある。私は悩んだ結果、心拍計を諦めることに決めた。数回測ってみたかったが、毎回図る必要もないだろうというのも理由だ。

最後が「GARMIN ForeAthlete 35J」で定価が22,963円。こちらの売りは、この価格で光学式心拍計が付いていること。そのため、心拍計が欲しかったら、私はこちらを買う選択肢もあったのだ。但し、こちらにはVO2Max(最大酸素摂取量)、予想タイム、リカバリーアドバイザーなどのランニングサポート機能が付いていない。さらに、GLONASSというGPSには非対応なので、230j235jと比べてGPS捕捉に時間が掛かる可能性がある。しかし、私はサポート機能は使ってないので、正直35jでも良かった。ただ、このモデル、女の子向けみたいで、かっこ悪いのだ。しかも230jより4,000円くらい高い。というわけで私は購入を見送ったが、製品自体はお手頃で良いと思う。

SUUNTO

Suunto Ambit3 Run」 定価:28,080円(税抜、心拍ベルトなし)

スントと言えば登山用ウォッチで有名で、私も登山をしていた若いころは憧れのメーカーだった。ランニング用でも製品を展開しているが、GARMINと比べると高め。3万円以下で対象となるのは「Suunto Ambit3 Run」の1モデルだけだ。Ambit3シリーズは様々なアクティビティ向けに展開しているモデルで、5万円を超えるモデルもあり、「Ambit3 Run」が同シリーズでは最安となる。

光学式の心拍センサーはなしで、心拍ベルト付きが32,400円と約4,000円アップで買える。そのため、GARMIN230jと競合するモデルであるから、価格の高さが分かると思う。他の機能でも目立った差はなく、初心者が使うのに230jと比べて明確な優劣はないと思う。それでも私は実はこれが欲しかった何故なら「かっこ良い」のである。デザインなら間違いなくSUUNTOが一番だ。それでも約1万円の差はデザインでは付けにくかったことと、アプリの互換性や操作性を考えた時に、ユーザーが多いGARMINの方が安心感があることもあり、GARMINを選んだ。

EPSON

①「EPSON Q-10 定価:13,000円(税抜)
②「
EPSON SF-120 実売価格:14,000円~17,000
③「
EPSON J-50 実売価格:20,000円前後

唯一の国産メーカーがEPSONだ。EPSONの最大の長所は、安価でGPSウォッチを買えることだ。定価非公開のモデルも多いが、実売価格で3万円以下で買えるモデルは「J-300」、「J-50」、「SF-850」、「SF-720」、「SF-120」、「Q-10」の6だと思う。今回はできるだけ安価にGPSウォッチを買うことが一つの目的なので、各シリーズで最も安価な3つを紹介したい。

まずは13,000円と異例の安さの「Q-10。エントリー層を対象に、最低限の機能に絞ったモデルだ。初心者ランナーであれば本モデルでも十分だが、最大の欠点はスマホへのデータアップロードができないので、一度パソコンに同期する必要があること。これはかなりの欠点だと思う。これを解決したのが「SF-120。「Q-10」と機能は類似しているが、スマホとの同期が可能だ。心拍バンドを使えば心拍計測にも対応できる。さらに、J-50」には光学式心拍計も内蔵GARMIN j235の競合モデルと言えるが、20,000円前後という低価格は驚きだ。

こうして見ると、安く買うにはEPSONが最適に感じるが、実は私は検討すらしなかった。一番大きな理由は、デザインがださいことだ。GARMINSUUNTOに比べて惹かれないのだ。また、EPSONユーザーの知人2人におススメされなかったことも理由だ。一人はGARMINからEPSONに乗り換えたが、次はGARMINを買い直すと言っていた。心拍センサーが当てにならないとか、アプリの使い勝手だとか、何となくGARMINに比べて信用ができないというのが理由のようだ。EPSONは参入して日が浅いので、今後改善していく部分も多いのだとは思う。

 

結局、結論は?

私はGARMIN230jを買ったので、230jがおススメだ。但し、改めて現行モデルを調べてみると、EPSONの価格設定に驚いたのも確かだ。アプリの使い勝手などは改善も見込まれるし、「SF-120」や「J-50」のようなモデルでも同程度の価格で買えるのであれば、もう少し検討しても良かったかもしれないと思った。ある程度の目星を付けたら、実際に店頭に行ってみてみるのも楽しいと思う。重さやサイズ感は実物を見ないとイメージしにくいところもある。とにかくGPSウォッチは買うと楽しいので、今回の投稿が一刻でも早く手に入れるきっかけとなってくれれば幸いだ。

-ランニング

Copyright© 東京留年中 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.