東京を卒業できないでいるブログです。

東京留年中

ランニング

ランニング後のお酒!

更新日:

今さら声高に言うことでもないのだが、ランニングのお酒は美味い!むしろそのためにランニングしているのではないかと思ってくるほどに美味い。確かに、ランニング直後はスポーツドリンクとかの方が美味いって話もあるが、ランニングして、お風呂入って、ストレッチした後にはやっぱり酒だ。

 

ビールが最高なんだけど、ハイボールにしておく

私はお酒が好きなので、ランニングしている最中からゴールした後の酒を楽しみにしている。特に、昨年8月にタバコを辞めてからはますます酒が楽しみになってきた。もちろん、平日の夜などに走るときは飲まないときも多いのだが、最近の土日は夕方くらいに走りに行って、帰ってきて湯船に浸かって、ストレッチをしてから酒を飲むという最高のスケジュールになることが多い。こんなことをしていたら、休日なんてすぐに終わってしまうのだ。

正直なところ、やっぱり欲しいのはビールだ。ビールの喉ごしが疲れた体には最高だ。でも実は私は2年くらい前から基本的に家でビールを飲むのを辞めてしまった。ダイエットを始めたことが契機だったのだが、低糖質で太りにくい蒸留酒(焼酎やウイスキー)に移行しており、最近はもっぱら西友で179円で売っている500ml、アルコール9%の格安ハイボールで我慢している。それでも走ることがスパイスになって、十分満足できるほど美味い。

しかも走った後にぐぐぐーっと飲むので、これがまた酔うのだ。500mlくらいだったら20~30分で飲み切ってしまい、水分の吸収率も格段に上がっているので一気に酔える。そんなことをしていたら、眠くなってきて、アマゾンプライムでも見ながら寝てしまう。これで休みの日は終わったりするが、ランニングとお酒でなかなか気持ちの良い休日になる。

 

走ると何となく不摂生が許される気がする

こんな自堕落なのか健康的なのかよく分からん生活を続ける背景には、走ると何となく不摂生しても良い感覚になることがある。なんだかんだ走ると腹も減るので、酒を飲みながら晩飯を食べたり、つまみを食べたりしてしまう。そんでまた酒を飲むので、全然身体には良くなさそうなのだが、走った分きっと健康的になってるから、「それで相殺だよね」みたいな感覚になる。相殺だとしたら走ったことによる健康への好影響は無いわけだから、それはそれでガッカリなのだが…

まあでも実際にこんな感じで毎週末飲んだり食べたりしていても、走っているせいか体重も増加していない。会社でも「体型が変わらないね」と褒められることも増えてきた。そんなこんなで油断していたら、暴飲暴食が祟ったのか、この2ヶ月くらいすこぶる胃の調子が悪い。食後にかならず胃がもたれる感じがして、げっぷに襲われる感覚があるので、今週にでも胃カメラを飲んで来ようと思っている。体型的には大丈夫そうでも、身体の中身が蝕まれているようなので、やはり養生しないといけない。

 

運動後の飲酒には十分注意!

ここ数日は梅雨入りした影響などもあって、雨が続き、涼しい日が続いているものの、1週間くらい前までは夏日のような暑さが続いていたので、どんどんお酒が美味しくなってくる。但し、運動後の飲酒は十分注意が必要だ。以前にフットサルをした後の打ち上げで飲んでいたら、一緒に飲んでいた先輩が立ち上がった瞬間にいきなりひっくり返ってしまったことがあった。運動後は一気に酒が廻るので、自分でも気づかないうちにふらふらになっていたらしい。

その先輩は1~2杯しか飲んでいなかったのだから恐ろしい。その後、30分くらい立ちくらみがあって起き上がれない状況になってしまった。何だか注意するのも難しい感じがするが、最初の1杯は喉の渇きに任せてぐあーって飲んでしまっても、2杯目以降はちょっとずつ自分の様子を見ながら飲んでいくのが重要なんだろうか。。。とにかく、調子の乗り過ぎに気を付けよう。

-ランニング

Copyright© 東京留年中 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.