東京を卒業できないでいるブログです。

東京留年中

ランニング

雨の日のランニング

更新日:

実家に帰ったり、旅行に行ったりでなかなか食べる量が減らせず、ダイエットの進みが芳しくない。でも、何とか2月も100kmは走れたので、とにかくこの調子で100kmペースを維持していけば、きっと痩せていくと信じている。なので、3月も頑張って走っていきたいのだが、いきなりの雨で出鼻を挫かれている。

 

雨の日に走りますか?

是非皆さんにこの質問をしてみたい。というのも、ランナーの中でも結構答えが分かれると思うからだ。今日は関東は午後から雨の予報。本当は気持ち良いくらい晴れた昨日(3/2)に走りたかったのだが、日帰りだが実家に帰らなければならない用事があり、走る時間が取れなかった。酒も飲んでしまったし。そこで、今日は午前中のうちに走ってしまおうと考えていたのだが、何と雨雲の北上が予報より早まったとのことで、起きたら既に雨が降っている。その上、何だかすごく寒い。テレビで見ていた人は分かるかもしれないが、東京マラソンも雨の中でのレースとなった。

最初の問いに戻ると、私は雨だとほとんど走らない。実はランニングを始めた当初は、雨で走れない日が続くのが嫌で、結構雨でも走りに行っていたのだが、濡れた結果どうしようもないくらい寒くなってしまったり、メガネが雨で濡れて前が見なくて危ない思いをしたりもするので、最近は基本的に雨の日は走らないようにしている。また、単純に雨の中を走るのはしんどいのだ。それでも小雨くらいであれば走りにいったりもするが、今日は気温も大分低かったので、走るのは辞めることにした。

しかし、実は来週は火曜~金曜まで夜の予定が入っているので、走れそうにない。明日なら何とか走れそうだが、明日も引き続き雨の予定だ。最後に走ったのは2/27だから、このままいくとかなり長い間走れないことになってしまう。3月も100kmを目指すにあたり、非常に良くない事態だ。火曜と木曜は酒を飲む予定はないので、帰りが遅くなっても走りに行くことを考えないといけないかもしれない。

 

マラソン大会は雨天決行

一方、そんなことを考えるよりも雨の日でも走りに行くことにした方がよいのではないか?という話もある。そうすれば今日も走れたし、明日も走れるのだ。実際に今日の東京マラソンを見ても分かるように、マラソン大会は基本的に雨天決行だ。これからいろんな大会に出るようになれば、いつかは雨の中を走れなければならない時も来るだろう。そんなときのために、日ごろから練習しておくことは悪いことではない。

また、私自身も感じていたことだが、雨の日のランニングは実は身体的には楽という話もある。空気が湿っているので、呼吸によって喉が乾燥するような感覚が起きないからだ。思い返してみれば、雨かつ極寒のコンディションにも関わらず、今日の東京マラソンでは2時間4分台の好タイムも出ていた。だから、雨だから極端に不利になるということはないのだ。猛暑の中を走るよりかはきっと楽だろう。

それに、私が以前雨の中を走っていた理由の一つでもあるのだが、梅雨や秋雨の時期などの季節の変わり目は雨ばっかりなので、雨の日に走らないと本当に全然走れない状況に陥ることになる。毎週末雨なんてことも珍しくないし、長いこと走れない時期が続くと、走ること自体が億劫になってしまう。やはりこういったことを考えてみると、頑張って雨の日に走る覚悟を再度整えるしかないのだろうか。。。これを実践するのは明日が絶好のチャンスなのだが、うーん、あまり気が進まないなぁ。

-ランニング

Copyright© 東京留年中 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.