東京を卒業できないでいるブログです。

東京留年中

ランニング

ギア購入は店舗かネットか?

更新日:

先日、以前にブログでも紹介したGPSウォッチ「GARMIN ForeAthlete 230J」 と、トレラン用のバッグ「Salomon AGILE 12 set」を購入したのだが、この時に痛感したことがあるので、みなさんにも共有しておきたい。

 

店舗で購入するメリットは何か?

私はGPSウォッチは事前調査によって概ね230jを買うことを決めており、プラス1万円くらいでバッグを買おうとしていたので、双方で3万円くらいの予算を見積もっていた。こうした中、早くGPSウォッチを手に入れたい気持ちを抱えながら、量販店に買いにいったのだが、これが高いのだ。ちなみに確認したのは家電量販店のヤマダ電機とビックカメラ、それにアウトドア専門店のヴィクトリアだ。ヤマダ電機はそもそもEPSONしか売っておらず、ビックカメラは通販では値下げしているくせに店舗では定価の19,800円(税込)、ヴィクトリアも同様に19,800円(税込)。ポイント等を考慮した際に一番安いのは、福利厚生で5%引きが効くヴィクトリアだ。ポイントとの併用が不可なので3%のポイント還元はないが、ビックカメラだと5%のポイント還元しかなかったので、現金ならヴィクトリアの方がお得だ。

一方のトレランバッグも当然ヴィクトリアなら購入可能。というか、私の家の近くではヴィクトリアくらいしかトレラン用バッグのコーナーを設けている店がなかった。トレランバッグは特に製品は決めていなかったのだが、前回書いたように実際に見に行ってみると予想以上に高価で、10,800円の「Salomon AGILE 12 set」しか候補がないという状況だった。

両方購入しても30,600円、5%引きなら29,183円で予算ギリギリでオーケーだ。しかし、私は事前調査の段階で17,500円くらいでアマゾンで350jが購入できることを確認してしまっていたのだ。そう考えると、店舗購入は高い

一方、私は別に価格をそれほど重視しない。10%くらいの差なら店舗購入しても良いと思っている。しかし、それは店舗購入にメリットを感じた時だ。はっきり言って、この2つの商品購入にあたり、店舗購入のメリットは「ゼロ」だった。まず、350jについては事前にネットで基本情報を調べていたほか、各店舗でもフロアの片隅で販売されている程度で、店員さんに聞いてもマニュアルに載っている情報以外には何も出てこないような状況。

一方、トレランバッグについてもヴィクトリアで店員に詳細を聞いてみたが、ほとんど何も出てこない。そんなに何も知らないならもう何も聞かないのでいいですって感じ。そもそもどう考えても私より山に登ってないでしょ?って感じの若い女性の店員しかおらず、バッグのフィット感すら見てくれないし、何のために存在しているのか聞きたい。トレランシューズを購入した時の店員さんはかなり親切にいろいろ教えてくれたのだが、こうなるとネット通販で買うのと何が違うんだろう?と思えてくる。

 

ネット通販の価格は?

こうした中、楽天市場で価格を確認してみたら、両製品ともに店舗より大幅に安く、何と現金価格で25,568円、ポイントを考慮すると23,670円で購入できることが分かった。30,000円どころか予算を一気に25,000円まで下げられるほどの価格だ。私はある程度安心感も考慮したが、価格だけを重視したらもっと安いものもあった。この値段差を整理すると以下の通りである。みなさんにもこれってどうなの?と聞きたい

ヴィクトリア

楽天市場

価格差

GARMIN 350j

19,800

17,108

-2,692

Salomon AGILE 12

10,800

8,460

-2,340

小計

30,600

25,568

-5,032

5%引き

1,417

ポイント

1,898

合計

29,183

23,670

-5,513

 

ネット通販を使った方が良い

当然、シューズなど試着が重視される製品では店舗で購入した方が良いと思う。また、どのような製品があるか分からず、店員さんにアドバイスを聞きながら購入したい製品は、店員さんのためにも是非店舗で買ってもらいたい。但し、既に買いたい製品が決まっているのであれば、ネット通販で買う方がずっとお得だ。大抵買いたい製品はある程度決め込んでいると思うので、店舗にその製品を見に行くことも重要だが、その際には事前にネットの価格を調べておいて、別の良い製品が見つからなかった場合は、ネットで買うことをおススメする。

そもそも、店舗で買うメリットは行きつけになることで、自分に合った製品を店員さんからアドバイスしてもらうことだと思う。つまり、店員さんへの信頼感が店舗で買う理由となる。店舗でこのメリットが得られないならば遠慮なく店舗をショーケース代わりにして、通販で買うべきだ。店舗はショーケースとしての役割があるので、潜在顧客は必ず出向く。こうした顧客をしっかりと捕まえられないのは店舗の責任だ。実際に私はトレランシューズはヴィクトリアで購入した。

一番幸せなのは、行きつけにできる店舗ができることだとは思う。しかし、私も含めライトユーザーの各位にはそうしたことは難しく、信頼できる店員さんが居そうな店舗にはヘビーユーザーが集まっていて敷居が高いという事実もある。これだったら、ヘビーユーザーの友人を作って、アドバイスをもらいながらネット通販を利用するのが最も合理的だ。残念ながら量販店が幅を利かす昨今では、私には他に良い選択肢が思いつかない。何故なら量販店のマーケティング戦略の行きつく先はネット通販でであり、ネット通販には永遠に適わないと思うからだ。

それでも、例えばヴィクトリアや好日山荘などは頑張っており、キャンペーン期間などではネット通販よりもお得なときもあるので是非チェックしてみると良いかもしれない。すぐに手に入るっていうのは、時間がない時などは価格に替えられないメリットだったりもする

-ランニング

Copyright© 東京留年中 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.