東京を卒業できないでいるブログです。

東京留年中

ランニング

ダイエット開始

更新日:

なんとか今日も21kmのランニングを継続。ひーひー言いながらも完走した感じだ。もの凄い向かい風で相当しんどかったが、タイムは1時間50分33秒とさらに更新。慣れてきたのか、なんとなくランニング後の疲労が減ってきたような気もする。それでも、とにかく足の負担を減らしたい一心から、とりあえず減量を試みてみることにした。1.5kg減量できれば、ペットボトル1本分の重りが減ると考えれば、結構身体への負担を違ってくるのではないだろうか?

 

1年ぶりくらいの減量

前にも書いたように、そもそも私がランニングを始めたきっかけがダイエットだ。仕事の繁忙期が落ち着いた2017年3月ごろからダイエットを開始して、ランニングや糖質制限の効果もあり、順調に体重を減らしてきた。一方で、急激に下落した体重にびびり、途中から減量を中断。最近では徐々に体重が戻り始めてしまっていた。ちなみに、体重の大まかな推移を以下に示す。

2017年3月 71.5kg ⇒ 危機感を覚えダイエット開始(ジムと食事制限)
2017年8月 68.0kg ⇒ 思うように減らず、糖質制限とランニングを開始
2017年11月 60.0kg ⇒ 3か月で急落、ちょっと糖質制限を弱める
2018年2月 58.0kg ⇒ それでも減量は続き、ダイエット休止
2018年4月 60.0kg ⇒ すぐに体重は戻ってくる
2018年6月 62.0kg ⇒ この辺でしばらく体重が落ち着く
2019年2月 64.0kg ⇒ 年末年始なども挟み徐々に体重増加

大体こんなイメージだ。個人的には60~62kgくらいの時が一番体調的にも落ち着いていて、かつ維持しやすいと感じていた。そこから増えてしまったのは、故障などで走れない日々が続いていたことも影響している。そのため、しっかりと月に100kmくらいのランニングを継続できればこのくらいの体重が理想なのかなと考えている。

 

ダイエットの方法はとてもシンプル

上記のように、私はジムで水泳や筋トレなどいろいろやったにも関わらず、あまり体重が落ちなかったため、ランニングと糖質制限で体重を落とした。そのため、今回もダイエットの方法は簡単だ。ランニングは継続できているので、糖質を減らすこと。具体的には夕食のご飯を辞めて豆腐に替えることだ。これで結構効果はあると思う。

よく糖質制限は身体に悪いという人がいるが、もちろん糖質ゼロにしたら身体に悪いだろう。そもそも糖質なんてゼロにできるわけないんだから、個人的には150g/日くらいに抑えておけば、真面目にランニングしていたら痩せると感じている。この150gというのは結構余裕がある数字で、朝と昼は普通に食べても問題ないくらいだ。要は夜だけ炭水化物を取らないようにするということ、もう一つ注意すべきは食べる絶対量を少し減らすということ、この2つを意識しておけば多分いける

もちろんラーメンみたいなジャンクフードだって週に1回くらい食べるのは問題ないと思う。私はダイエット中もチートデイと称して週に1回くらいは好きなものを食べていた。それから飲み会だって誘われたら行く。むしろお酒を飲むときは炭水化物を抜くチャンスだと思って、積極的に行っていたくらいだ。それでも体重は減っていった。まあ、飲み会の時にはウイスキーや焼酎などの蒸留酒を中心に、炭水化物のおつまみは控えることは意識していた。

 

効果と目標設定

善は急げということで、早速先週から始めているのだが、まだ体重に変化はなく、寝起きで調度64.0kgくらい。体質が変わるのには時間が掛かるので、2週間くらいは様子を見ないといけない。とりあえず、3/24(日)のハーフマラソン大会に62kgくらいの体重で臨むことが目標だ。2kg減らせばかなり身体の負担も減るだろう。

そんな中、明日から伊豆へ1泊2日で温泉旅行に行くので、いきなり暴飲暴食のリスクが。。。LSDによって足に疲労が蓄積しているので、湯治の良い機会と考えているのだが、食べ過ぎには注意したい。

-ランニング

Copyright© 東京留年中 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.